保険営業の断り方について

保険の営業というのは非常に押しが強いことで知られています。実際に売る側も良いと信じているものを自信を持って勧めてきますので中途半端な断り方では逆効果となります。もしも契約する意思がないのであればはっきりと断るようにすることがお互いのためであると言えます。保険契約の獲得にはいわゆるノルマがありますので、月末に脈があると判断されるとなかなか引き下がってもらえなくなります。そのため契約の意思が無いのであれば、最初から最後まで一貫して意思が無いということを伝えていくことが有効です。関心があると思われると逆効果です。

保険の営業担当者への断り方

保険、特に生命保険の営業現場には、断られてからが本当の仕事と言われるくらい断りに強い人々が集まっています。そのような猛者に対しどのような断り方が効果的なのでしょうか。作戦は2つです。第1はただ黙って聞いているだけ。否定も肯定もせず、ただただ黙って聞いているのです。猛者の得意技は質問をしてその回答への応酬話法です。得意技を封じる意味からも無言で聞いているだけ作戦は有効です。第2はクロージング跳ね除け。猛者の第2の得意技は小さなYesを積み上げるテストクロージングです。何らかの意思決定を求めてきたら、「それはまだ決めません」とはっきり答えます。それ以外には無言を貫きます。取りつく島がない状況を作ることが、これ即ち強烈な断り文句なのです。猛者たちはそれを十分理解していますので、とても効果的です。

保険の勧誘に関する情報

新着情報

↑PAGE TOP